郷土行政資料室の利用案内

郷土行政資料室について

郷土行政資料室では北海道、特に釧路地方の地域資料の収集、保存につとめています。
主に釧路の歴史・釧路の産業・釧路ゆかりの人物についての資料、北海道内の市町村史などを所蔵しています。また、釧路地方の地図、統計資料、地方新聞などもご覧いただけます。

なお、郷土行政資料室の資料は貴重なものが多く、保存を大切な目的として資料の管理を行っておりますので、貸出サービスは行っておりません。郷土行政資料室の資料はすべて室外へ持ち出しできませんので、郷土資料室内で閲覧いただくか、コピーサービスをご利用ください。携帯電話・カメラ等による写真撮影はお断りいたします。特別の理由により撮影をご希望の場合はスタッフにご相談ください。
一部の資料に関しましては、当館一般閲覧室・分館等に同じ資料を所蔵している場合があります。貸出をご希望の方はこちらの資料をご利用いただけます。所蔵状況をお調べいたしますのでスタッフにお気軽にお申し付けください。

  • 主に釧路地方に関する資料を扱っています。
  • 郷土行政資料室の資料は原則として貸出を行っておりません。
  • 郷土行政資料室の資料を利用する場合、室内にパソコンの持込ができます。(インターネットへの接続はできません。インターネットのご利用は閲覧専用端末を利用ください。1回1時間でご利用いただけます。)
  • コピーサービスを行っています。

新聞・マイクロフィルムの閲覧について

新聞について

現在郷土行政資料室では、釧路新聞、北海道新聞(市内版)、北海道建設新聞の3紙を収集しています。当日分を除き当室内でご覧いただけます。(当日分は1階ロビーでご覧いただけます。)全国紙及び道新スポーツは2階一般閲覧室にあります。新旧の釧路新聞については次のような状態です。

(旧)釧路新聞

明治35年7月28日に創刊しました。石川啄木が勤めていたのもこの「釧路新聞(便宜上、「旧釧路新聞」とします。)」です。「旧釧路新聞」は戦時下の新聞統制により昭和17年10月31日に廃刊となりました。同年11月1日、道内11紙の統合によって北海道新聞が創刊しました。

2012年8月から、旧釧路新聞の記事見出しがウェブ上で閲覧できるようになりました。北東日報等、当館所蔵の古い新聞も含まれます。詳しくはデータベースをご覧ください。

(現)釧路新聞

昭和21年創刊の地方総合誌「月刊クシロ」を「東北海道」と改題ののち新聞へと移行しました。同年「東北海道新聞」を発刊し昭和28年北海タイムスと提携します。その後昭和30年12月11日に「釧路新聞」発刊、現在まで発行されています。なお、「旧釧路新聞」と題字が同じであるのは、北海道新聞が所有していたものを「現釧路新聞」が譲り受けたためです。

マイクロフィルムについて

郷土行政資料室では釧路新聞(旧)、東北海道新聞、北海タイムス、北海道新聞、釧路新聞の一部をマイクロフィルム化して保存しています。新聞紙は大変傷みやすいため、古い新聞につきましてはマイクロフィルム化したものをご覧頂いています。(原紙は閲覧できません)詳しくは下記の対応表をご覧ください。マイクロフィルムの複写サービスもご利用いただけますので、複写をご希望の方はカウンタースタッフにお申し出ください。

新聞紙名所蔵状況マイクロフィルム
北海道新聞(市内版)1942(S17).11.1~
欠号、欠頁あり
1942.11.1~1963.12
釧路新聞1955(S30)~
欠号、欠頁あり
1955(S30)~1965(S42).6
北海道建設新聞3ヶ月保存なし
旧・釧路新聞1902(M35).7.28~1942(S17).10.31
欠号、欠頁あり
マイクロフィルムのみ
北海タイムス1953(S28).2.17~1975(S50).12.31
欠号、欠頁あり
マイクロフィルムのみ
北東日報1901(M34).1.2~1901(M34).6.30
1901(M34).7.4~1901(M34).11.9
欠号、欠頁あり
マイクロフィルムのみ
東北海道新聞1949(S24).6.1~1953(S28).2.16
欠号、欠頁あり
マイクロフィルムのみ

新聞の欠号、欠頁について

原紙・マイクロフィルムともに古い新聞の一部については、様々な事情により欠号、欠頁しているものがございます。あらかじめご了承ください。

このページの先頭にもどる
最初のページにもどる